やっぱり不安!内見は住む人みんなで行くべき?

後悔しないために!住み続けたいと思える家を探そう!

マイホーム購入に比べて、簡単に引っ越しが出来る賃貸物件にはメリットがたくさんあります。住む人の都合や、ご近所トラブルなどが起こってしまった際も賃貸であれば思い切って引っ越しすることが可能です。しかし住み替えしやすいとは言え、一定期間を過ごす住居です。契約し、住んでみて後から分かったことが致命的なことであった場合、不満を持ちながら過ごすのはもったいないですよね。複数で住むのであれば、それぞれのこだわりポイントを必ず共有し、焦らず妥協せずに可能な限り慎重に決断しましょう。引っ越しのタイミングというのは、転勤や転職、子どもの進学など、住居環境以外の変化も大きく、慌ただしい中で家探しをしなければいけないというケースが多いでしょう。しかし基盤となる居住スペースに問題があっては、仕事にもプライベートにも影響が出てしまいかねません。慎重に判断することが大切です。

好みは十人十色?家に求めるものを話し合おう

複数人で住む場合、それぞれが大切にするポイントを共有し、実際に一緒に確認することが大切です。間取り・日当たり・駅などへのアクセスの利便性など、どれも妥協できない大事な項目でしょう。もちろん、より長い時間を家で過ごす人の意見は尊重されてもいいかもしれませんが、住む人全員が納得できる家である必要があります。誰にとっても安心できる快適な空間だからこそ、それぞれの毎日が快適で充実したよりよい生活に繋がるはずです。間取りや日当たり以外にも、忘れてはならないのが収納スペースです。生活感を出したくない、オシャレに住み続けたいという方には収納スペースが鍵になるかもしれません。また音楽をする方は楽器を演奏しても迷惑にならないような角部屋や、周辺環境の確認が必要です。何を大切にして生活していきたいのか、時間を取ってしっかりと話し合う機会を持つことが、質の高い理想の暮らしへのヒントになるかもしれません。

© Copyright Smart Tenancy. All Rights Reserved.