内見は必ずしなければいけないの?持物や誰と行くべき?

内見はしておいたほうがいい

内見とは、賃貸物件を探す際、実際に現地へ行って部屋の中を見せてもらうことをいいます。部屋探しの際には、契約の前に内見を行っておいたほうがよいでしょう。もちろん、家賃や間取り、周辺環境などの条件が希望に合うかどうかは不動産屋の説明で知ることができますし、室内の様子もVR映像を利用することで確認が可能です。けれど、VR映像だけでは細かいキズや汚れなどは見落としてしまう可能性もありますし、騒音や悪臭などの有無については、その部屋を訪れてみなければ確かめることは困難です。実際に現地へ足を運び、室内の様子を自分の目で見て確認した上で契約するかどうかを決めるということが、失敗しない物件探しのコツといえるでしょう。

内見に必要な持ち物と一緒に行ってもらう人

内見の際には、持って行ったほうがよいものがいくつかあります。まずは物件の間取りを確認できる図面です。現地では、実際の室内と図面を比較しながら見るようにして、気になるところは不動産屋の職員に質問するとよいでしょう。メジャーも必須アイテムです。手持ちの家具が置けるかどうか、実際に測っておくことで、引っ越し後の家具の配置のイメージを持ちやすくもなります。スマホを持って行き、室内の写真や映像を残しておくことで、帰宅してからもう一度検討することも可能になります。初めて賃貸物件を契約する場合には、1人で内見にいくのではなく、信頼できる人に同行してもらうのがよいでしょう。学生なら、母親または父親と一緒に行くのがおすすめです。自分だけでは判断しにくい点などにも、アドバイスしてもらえるはずです。

札幌北区の賃貸は訪問しなくてもインターネットサイトで検討できるシステムが充実しています。電話での対応や写真と動画閲覧などサービスが充実しているのです。

© Copyright Smart Tenancy. All Rights Reserved.